学び

ハタチになって何が変わったか。

 
ある人との関係性が変わった。
それは果たして素晴らしいことなのか悲劇なのかはまだまだ全く見当もつかない
ただ今は幸せと不幸せの反復横とびを繰り返している状態
 
冷静にはなれなかった。
取り返しのつかないことをして、多くの人から失望されて多くの人に迷惑をかけて
それを自分の心の慰みのための一要素に貶めて本当に欲しいものからはまた一歩遠のいてしまった
 
 
人は時間を経ないと変わることはできない。これが今のところの一番の学び。
今日できることを明日やるなという言葉があるが、ある区切りを自分で設定してその瞬間から変わることなんてとうてい出来るようなものではなかった。
それにすら気づかずこの長い20年もの間のうのうと生きてきたことにまた失望した
 
 
それでも人は変わることはできないのだろうか。
 
変わりたい、と心の底から思った。
欲しいもののためなら手段も選ばない人間になってみせたい。
妥協して諦めてあとから指をくわえて見つめて影で涙を流すような人生は送りたく無くなった。
 
真剣に生きる
真摯に人と向き合う
人間として必要極まりない様々なことがどうしてこんなにも難しいのか分からないが、必要極まりないからこそ何よりも習得は難しいのでは無いかと思った
 
「人にやさしくしてもらえないんだね」
という歌詞があるが、人にやさしく誰かにやさしくしてもらうことでしか生きていけないんだろうか。
人は一人では生きていけないけれど、自分くらいしか自分にやさしく無い世界だって絶対にある。
 
自分に甘いのと自分にやさしくするのとは似て非なるものだ。
自分にやさしく
可能な限り 人にやさしく
 
そしてもっと美しくなりたい