この気持ちは

人に対して抱く感情は、濃淡も方向性もその瞬間瞬間でてんでバラバラで、言葉で表すとしたら大きくまとめて表すしかない。

私しか抱けない感情ならば、わたしの感情の命名権は私にあるはずだ。


人はそれでも感情につけた名前を共有してきた。