見通し

何かを書くことが目的になって文字を連ねることは果たして正しいのだろうか。

それは文字を記している自分自身に酔いしれているが故の、悪く言ってしまえば浅ましい行為であるようにすら思える。

何か記したいことがあって、何か残したい思いがあって、何か聞いて欲しいことや伝えたいことがあってこその言葉なのではないだろうか。

 

語りえぬことについては沈黙しなくてはならない。

という言葉はもちろんこの意味において使える言葉ではないだろうが、ニュアンスとしては同じようなことをわたしは言いたい。

 

言いたいことがないのならば黙っていればいい。黙って何かを言うための言葉を頭の中で組み立て、思考を練り上げることが本来の思考、いわゆる普通の思考であり、誰かに認められたい・自分で満足したいという歪んだ欲求に基づかない純粋な人類の表現欲求の発露といったところになるのではないだろうか。