6月

好きな人が死んだ。

 

彼女が出来たそうだ。

つまり命を落としたわけではない。

ただ私の中で死んだだけである。

別に自分の中で生かすのも殺すのも自由だと思うからこのような表現をしているまでだ。

 

彼の新しい彼女はみんなから信奉されていると言っても過言ではなかった。

可愛くて愛想が良くて非の打ちどころがない。

周りのみんなも彼を祝福していた。

手荒な方法で歓迎される彼は、潰れて彼女が家に連れて帰った。

付き合って一週間なのだそうだ。

 

顔をしかめながらサークル内恋愛の辛さを思い知った、とぼやく彼に

付き合った喜びはそこまで見えなかった。

無性に腹が立った。

 

腹が立った理由はたぶんいくつかあるが

一番恥ずかしい理由としては「こいつサークル内恋愛の何を知ってるんだ」という先輩ぶった気持ちがあるからだと思う。

お前より長いことサークル内恋愛の弊害は被ってきたぞと。

古参が新参を叩く。嫌いな光景を自分で繰り広げた。

公表していないサークル内で作った彼氏の存在を打ち明けてやろうと思った。

先輩ぶったマウンティングのために。

でもなければ負けた気がしてならないからだ。

 

彼を好きな気持ちはおそらく多少漏れ出てたんだろうなと思う。

流す予定の無かった涙を流してしまったせいでよりその印象は強まっただろう。

好きな男に女ができる。

着実に固めてきた愛情がようやく実ったその様子。

自分の持ってないものをすべて持っている人間が憎くなった。

好きだったからこそ憎くなった。

予想していたことがその通りになったから憎くなった。

優しくしてくれていたから憎くなった。

 

報告が遅れてごめん

これからも仲良くしてくれと嬉しそうに謝る彼の目を見られなくて、

一層負けた気がしてならなくて悔しくてたまらなかった。

惚れた側は相手が惚れ返してくれなければ、完全に負けだ。

負けず嫌いの私が負けてしまった。

久しぶりの敗北経験だ。

 

どうせなら素直に喜んで堂々としろよと投げつけてやりたかったが

飲み会でみんなの前で公表して飲まされて潰れる以上に堂々としたことなんてないよなあと

彼の自己顕示欲、と評してしまうと意地悪な目線ではあると思うが

その正当性とそれを批判する確実に弱者側である自分の惨めさが

こびりついて離れてくれない。

 

大好きな音楽を聴いていて、

でも自分の彼氏はその曲をどうとも思ってくれなくて、

私は自分の好きな人と夜中に部屋で窓際のベッドの横にある窓からこぼれる月夜に照らされて

暗い部屋の中で聞きたいと思っていた曲を聴きながら

あぁ、あの二人がそれをしていたら

涙が出るほど似合うなと気づいて、

世界全部許してやりたくないな、と思った。

 

初めての失恋だった。